2008年01月23日

形のないモノ。

080123_2330~0001.jpg
だけど、そこにあるモノ。
こんばんわ、伊達です。

昨年、観に行ったイキウメさんの作家さんが小説を出されました。
「散歩する侵略者」
舞台と同じ作品です。
都電三人娘で観に行って、荒木と伊達が号泣したアレです。
今読み終えたのですが、…やはりラストで泣かされました。
あの日観た時の、この息の苦しさ。
安心感と、底知れない不安感。深い。
自分にはまだほど遠いなぁ。それらを手に入れるのは。
いや。実はもう持っていて、その事に失った時に気付くのかもしれない。
なんて考えてしまいますね。
次は荒木に貸してあげるとします。しかし、舞台ありきな気も少し…(笑
posted by 線路は続くよどこまでも at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80290969

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。