2009年02月17日

贈る程でもない言葉。

image/train3musume-2009-02-17T22:03:48-1.jpg

まさに、発想の勝利。
こんばんわ、伊達です。

みんな。
卒業、おめでとう。
これからみんなは、別々の道を歩んでいくわけだけれども
この学校で学んだことや、クラスの思い出を
忘れないで欲しい。

それでは、
これから最後の出席をとります。

伊達。
卒業おめでとう。

君はこの先生きていく中で、
深夜にも拘らず無性にのり弁を食べたい衝動に
駆られることがあるだろう。
でも、「ダイエット中だから」と言って
みかんを食べてその思いをうやむやにし、
寝てしまうことがあるだろう。

それが、やせ我慢だ。

卒業、おめでとう!


つまり。
個人的にはバカリズムさんのネタが
良かったなぁと言うことです。
あ、R-1の話です。
ちなみに上の話はノンフィクション。

写真は浅草に行った時に買ってもらったお守り!
お守りは自分で買うんじゃなくて、
人から貰う方がいいらしくて母に貰ったのです。
あなたが今年も安全に過ごせますように。
posted by 線路は続くよどこまでも at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114412059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。