2008年09月09日

酢豚と餃子と唐揚げに分かれ道

20080909175059.jpg
どうも!
にしです(。・_・。)ノ


昨日は、美味しいものをテーブル一杯に広げ、お腹いっぱい食べて、本当に幸せ気分のにしでした。

でも、いゃーあれですね。
何で食べてる時って無口になるんでしょうね?


だてや荒木や保母さんたちが楽しそうに喋って食べている間、にしはひたすら酢豚たちに食らいついていました。


「にし大丈夫か?」

と心配されますが、目の前の酢豚たちに夢中なのだけなのです。


いゃーー本当に美味しかったなぁ(^-^)
しかし、食ったなぁー(*Д*)ゲプッ



保母さんたちと別れ、三人で歩く帰り道。



「いい夜だね」

(荒木かだてが言った。どっちが言ったか覚えてない)



静かな夜

空見上げると、星が2つ見える。


こんな三人いいなぁと思うにし。



「わかれ-みち」を変換すると
「別れ道」と「分かれ道」が出てきた。


うちらのは「分かれ道」だなぁと思う。

別れじゃなくて、「分かれ道」。


これからが始まりなんだ。
posted by 線路は続くよどこまでも at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106293814

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。