2008年06月23日

カントリーロード

20080623233235.jpg
どんな挫けそうな時だって
決して涙は見せないで
心なしか歩調が速くなっていく
思い出消すため
カントリーロード
この道ずっと行けばあの町に続いてる気がする
カントリーロード


どうも!
今日母に本気で「もういいんじゃない?帰ってきなさいよ」と言われ、迷いの森に落ちるにしです(。・_・。)ノ



そんな感じで神保町のワークショップに行き

時間は流れ

斎藤さんと荒木の芝居を観ていたら、

その中で

「舞台袖で、幕が降りきった瞬間、ぐっとこみあげるものを感じたいだけ―」
って台詞がふわっと耳に残って、



私は、感動したくて演劇やりたいって思ったのかなぁとふと思った。



………


カンティーロー♪

明日はーいつもの僕さぁー♪

帰りたぁーい♪

帰れなぁーい♪

さよならぁーカンティーロー♪


はい。このままじゃ帰れません。
posted by 線路は続くよどこまでも at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一言で役者といってもそれぞれ目指しているものが違うのかもしれませんが、幕が降りた時舞台の真ん中で観に来た人達を感動させてくれる役者を目指して欲しいです。
そんな西さんの舞台をこれからも楽しみに期待しています。
Posted by じゅんじ at 2008年06月24日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101394784

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。