2008年03月20日

文章の達人。

080320_0121~0001.jpg
その才能に嫉妬。
こんばんわ、伊達です。

毎月、本を3冊以上読むように心掛けているんですが、
読んでも読んでも文章が上手くなりません!
…いや、別になりたくて読んでるわけではないんですけど。
なれるものなりたいじゃないですか!
読むより書く方が練習になるよね!と割とマメにブログを更新してるのですが、
なかなか納得のいくものが書けていません。最近なんか長いんだよなぁ。

よく他の方のブログを読むんです。
そして読ませていただく度、思うんです。
何故そんなにシンプルかつ分かりやすい文章が書けるのか!
どこから生まれてきたんだ、その豊かな文章表現力!と。

嫉妬です。
ラストニュース(神保町花月)風に言うと、
「嫉妬。それはこの世で最も醜い感情ね」です。
あれは女の嫉妬か。
まぁ嫉妬は言い過ぎですが、スゴいなって事です。

つまり。
「まんがの達人」より、「文章の達人」のが全然欲しい。
そんなことを思った昨日の特ダネ(フジテレビ)でした。
posted by 線路は続くよどこまでも at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。